Archive for 12月, 2012

火室下部を取り付ける

今回は「火室下部」を取り付けました。
マガジンの巻数で行くと43巻です。

c62-43_01

今回使用する部品。
ねじは13本有りますが、3本は予備です。

c62-43_02

c62-43_03

火室に「火室下部」をねじ4本で締め付けます。

c62-43_04

裏から見たところ。

c62-43_05

泥溜めに配水管を取り付けます。
泥溜めに配水管のL字の長い方を差し込み、
火室の穴にはめ込んだ状態で、指でつまんで、
きちんとはめ込んだ状態にして、赤丸部分に瞬間接着剤を
たらして、接着します。

c62-43_06

泥溜めと配水管も裏から、瞬間接着剤をたらして、
接着します。

c62-43_07

取り付けた状態。
下側の配水管は、この後、ボイラーに火室を取り付ける際に、
邪魔になるらしいので、今回は接着していません。

c62-43_08

火室下部右側後部に「揺りシリンダ」をねじ2本で止めます。

c62-43_09

「吹出し弁」を火室右側に瞬間接着剤で接着します。
赤ラインに垂直になるように取り付けます。

c62-43_10c62-43_11

今回、製作した部分。

次回は「バックプレート」を組み立てます。


ドーム・ボイラーステップ・砂撒き管他

今回は「ドーム」「砂撒き管」「加減弁てこ」「汽笛」を組み立てました。
マガジンの巻数で行くと40-41巻です。

ステップ・バイ・ステップによると、まず、ドームに
「砂撒き管」「加減弁てこ」「汽笛」を取り付けてから、
ドームを本体に取り付けてますが、「砂撒き管」の
位置決めがきちんと(垂直に)出来ないような気がしたので、
「ドーム」を先に「ボイラー」に取り付けました。

c62-40_01

砂箱の「ロックバー」を組み立てます。
ここで、問題発生。
六角ナットを1個紛失。とりあえず、テープで固定しておく事に
しました。

c62-40_02

砂箱の蓋に「ロックバー」をなべ子ねじと六角ナットで締め付けます。
その際、動かせばロックバーが回る程度の強さに締めます。

c62-40_03

ロックバーを取り付けたところ。

c62-40_04

「ドーム」の上の穴に砂箱をはめ込みます。

c62-40_05

「ドーム」を砂箱の中の穴とボイラーの上の赤丸の位置を
合わせるようにして、ボイラーの上に乗せます。

c62-40_06

砂箱のヒンジの部分を「ドーム」の上の凹に合わせるようにして、
なべ子ねじで、ボイラーに締め付けます。

c62-40_07

「砂撒き管」を「ドーム」に瞬間接着剤で接着します。
この際、管がきちんと垂直に真下に向くようにします。

c62-40_08

両側各3個の計6個取り付けます。

c62-40_09

加減弁てこ受けの出っ張りの短い方に加減弁てこを
取り付けます。

c62-40_10

図のような角度になるように、瞬間接着剤で接着します。

c62-40_11

「ドーム」に「加減弁てこ」を瞬間接着剤で接着します。

c62-40_12

反対側のドームに「汽笛」を図のような角度で、接着します。

c62-40_13

「ドーム」の上側に「ロック・ホルダー」を2カ所、
接着します。
その際、瞬間接着剤が「ロックバー」に付いてしまわないよう
気を付けましょう。

c62-40_14

「ボイラー・ステップ」を写真の位置にはめ込みます。
穴がボイラーのねじ頭にひっかかるようにします(両側)
接着はしません。

c62-40_15

今回、出来上がったところまで。

次回は「タービン発電機」と「動力逆転器」を取り付けます。