Macな生活

Alice

日本初の本格的マルチメディアソフトウェア。
モチーフを提供した画家「金子國義」、音楽とコンセプトを提供した音楽家「加藤和彦」、全体の構成を行ったヴィジュアリスト「庄野晴彦」3人の手によって『Alice』は生まれました。
ルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」の世界を下敷きに、3人のアーティストの個性的なイメージが『Alice』を創り出したのです。
『Alice』は“2つの現実の部屋” “扉や回廊で立体的につながり、各壁に絵の掛かった12の部屋”、そして“部屋を取り囲む外の世界”といった独自の世界観を持っています。
その中で、各部屋に隠されたトランプ53枚を探すというロールプレイングゲームを楽しむこともできます。もちろん、絵画鑑賞ソフトとして絵だけを楽しむこともできます。

流れる音楽は、『Alice』の発案者である加藤和彦がこのソフトのために創ったオリジナルサウンド。

−−商品パッケージから引用−−

中身。
CD-ROM、トランプ、ポストカード。

トランプ。

ポストカード。
3人のサイン。





1991 東芝EMI

ページ上部に戻る