Macな生活

Apple CD Drive

1991か92年頃購入。転送速度はなんと1倍速である。買った直後に2倍速が出て当時は悔しい思いをしたが、今となっては、1倍速の方が嬉しい。まあ、どっちでもいいか。当時は、マルチメディアという言葉が聞かれ出した頃で、そこら中にヘボCDが出回っていた。これで、Movieを再生すると、160×120のデータが秒間4〜6コマぐらいしか再生されなかった。それでも「すげえ、すげえ」と喜んでいた。幸せな時代だったのである。

裏側。
当然、USB端子とかはありません。でかいSCSI(スカジー)の端子が、ズドーンと2つ付いています。

しかも、当時は「データ転送エラー」を防止するため、このようなケースにCDを収納してからドライブに挿入していました。「Quadra」の頃まで、この方式は続いていました。

ページ上部に戻る