Macな生活

Macintosh 2ci

  • 1990年12月購入。
  • 価格90万(モニタ除く)
  • CPU:Motolora68030 45MHz
  • HD:100MB→その後500MBに拡張
  • Memory:5MB→3MB足して8MBにした
  • その他購入品
    • Scanner GT-6000(Epson)
    • Printer Brotherのカラープリンター
    • Software
      Illustrator,Directer
      Studio8,PixelPaintPro
      ColorMagician,MacDraw,Swivel3D
  • 総額300万のローンを組み、周りの人間から「アホ呼ばわり」された。20inchフルカラーのモニターも買おうとしたが、さすがに店員に止められた。現在は、立派に(?)玄関のオブジェとして第二の人生を歩んでいる。めでたし。めでたし。

キーボードとマウス。
この頃のマウスはまだ、ボタンがあるタイプ。
当時はこの1ボタンマウスが嬉しくて、左手はショートカットで右手はマウスがグラフィックを扱う定番。やたら、コマンドキーが汚れる。キーボードカバーもコマンドキーとオプションキーの所がすぐ、ヘニョヘニョになってしまいます。
マウスのコードを接続する箇所がキーボードの左右に付いているのも画期的だった。左利きの人は随分と楽になっただろう。もちろん、キーボードにコードを接続するのも画期的だった。Windowsマシーンを使ってみれば、その便利さは明らかだ。

コンピューター内部。
ハードディスクがやたらでかい。それとファンもとにかくでかい。
気のせいか、その他の電子部品もでかいような気が...

メモリー。
ちなみにこのメモリー、1枚1MBです。掛ける8枚で8MB。広大なメモリー領域と呼ばれていました。
今、使っているiMacは1.5GBです。単純計算で、このメモリー(板っぺら)を1,500枚敷きつめなければなりません。しかも、たまに、メモリー容量が足りなくなります。

ページ上部に戻る