【C62を作る】について

デアゴスティーニ製「C62蒸気機関車を作る」

週刊「蒸気 機関車C62を作る」は、毎号付いてくるキットを組み立て、精密なC62の模型を作るクラフトマガジンシリーズです。
パーツは真鍮を主 体にダイキャスト・ 鉄などの金属製。
わかりやすい解説にそって、接着剤とネジを使って組み立てていきます。
全100号で動輪の回転が楽しめる台座まで完成します。
高級感あふ れる真鍮モデルをそのまま飾ってディテールを楽しむことも、黒く塗装して往年の姿をよみがえらせることもできます。

ヨッシーの3D三昧」ではこのキットを参考にして、
【C62】の3Dグラフィックも制作しています。


火室下部を取り付ける

今回は「火室下部」を取り付けました。
マガジンの巻数で行くと43巻です。

c62-43_01

今回使用する部品。
ねじは13本有りますが、3本は予備です。

c62-43_02

c62-43_03

火室に「火室下部」をねじ4本で締め付けます。

c62-43_04

裏から見たところ。

c62-43_05

泥溜めに配水管を取り付けます。
泥溜めに配水管のL字の長い方を差し込み、
火室の穴にはめ込んだ状態で、指でつまんで、
きちんとはめ込んだ状態にして、赤丸部分に瞬間接着剤を
たらして、接着します。

c62-43_06

泥溜めと配水管も裏から、瞬間接着剤をたらして、
接着します。

c62-43_07

取り付けた状態。
下側の配水管は、この後、ボイラーに火室を取り付ける際に、
邪魔になるらしいので、今回は接着していません。

c62-43_08

火室下部右側後部に「揺りシリンダ」をねじ2本で止めます。

c62-43_09

「吹出し弁」を火室右側に瞬間接着剤で接着します。
赤ラインに垂直になるように取り付けます。

c62-43_10c62-43_11

今回、製作した部分。

次回は「バックプレート」を組み立てます。


発電機と逆転器を取り付ける

今回は「タービン発電機」と「動力逆転器」を取り付けました。
マガジンの巻数で行くと42巻です。

c62-42_01

今回使用する部品。

c62-42_02

ボイラー左側に「取り付け台座」を取り付けます。
L字の幅の広い方を前方にします。

c62-42_03

ボイラーを裏返し、なべ小ねじで「動力逆転器」を取り付けます。

c62-42_04

「動力逆転器」を取り付けたところ。

c62-42_05

「タービン発電機」を火室の右側に取り付けます。

c62-42_06

なべ小ねじで写真の位置に取り付けます。

c62-42_07

火室左側に「ロッド・ガイド」を取り付けます。

c62-42_08

なべ小ねじ2本で取り付けます。

c62-42_09

今回、組み立てた部分。

次回は「火室下部」を組み立てます。


ボイラー・バンドを取り付ける

うっかり、ボイラー・バンドを取り付けるのを忘れていました。
再度、ドームを外して・・・
マガジンの巻数で行くと39巻です。

c62-39_01

今回使う部品。
ボイラー・バンドB(右側)2本
なべ小ねじM1.4×4mm 4本は今回使用しません。

c62-39_02

ボイラーとテーパーの継ぎ目を基準にして、
写真の寸法の位置に目印を付けていきます。
ここがボイラー・バンドの中心位置になります。

c62-39_03

ボイラーを裏返し、ボイラー・バンドAを巻き付けて、
なべ小ねじと六角ナットで仮締めします。

c62-39_04

なべ小ねじとナットの方向は左右どちらでも構いません。

c62-39_05

締め付ける位置が出来るだけボイラー下面の中央に位置し、
ボイラー・バンドが目印の位置に来るようにして、
なべ小ねじを締め付けます。

c62-39_06

取り付け終わったところ。

c62-39_07

ドームを再度、組み立てました。

次回は「タービン発電機」と「動力逆転器」を取り付けます。