Archive for the ‘Shade’ Category

Strato001 – データ取り込み

ようやく、MacOSをYOSEMITEにバージョンアップし、
「Rhino for Mac」を使えるようになりました。
MacOS10.6ではつかえなかったもので。

バージョンも「Evaluation」に代わり、
Mac版もWindowsと同様の正規版に
進化しつつあるのかな。

仕事で使っている「Rhino for Windows」も
バージョン5にアップデートしたので、
練習も兼ねて、色々やりたいと思います。

とりあえず、手始めに昔々に作った
「Fender Stratocaster」の3Dグラフィックスを
リニューアルしたいと思います。

Strato000

これを作ったのは’97頃で、Shadeで製作しています。
ただの「Fender Stratocaster」ではなく、
「Yngwie Malmsteen Model」です。
ネックにはスキャロップ加工が施されてます。

今回はこのモデルを元にRhinoでリニューアルしたいと思います。
とりあえず、スキャロップは付けません。
あとで、付けるけど(笑)

【Shade】で作成したものを【Rhinoceros】で
リニューアルする意味は

⚫️モデリングに関してはRhinoの方が緻密に出来る
⚫️Shadeはブーリアン系が弱いのでRhinoの方がスッキリしたデータを作れる。
⚫️Shadeはデータ形式が独自なので、他にデータを渡す時にポリゴンに変換しなければならない。
⚫️Rhinoは出力形式が豊富なので、今後、3Dプリンターにデータを渡す時など便利である。

自分が使用しているShadeはVer.12です。
最近は進化してるのかな?

ただし、最終出力のレンダリングはShadeの方が
強力なので、Shadeにデータを渡してレンダリングと
いうことになります。

Strato001

まず、元のShadeデータで
「ファイル」-「エクスポート」-「Adobe Illustrator」を
選択し、出力形式で「上面図」「側面図」「正面図」を
それぞれ、別々に保存します。

Strato002

そして、そのファイルをRhinoにインポートし、
適正な位置に回転したり、移動したりしながら、
テンプレートにします。

呼び込んだ時点で曲線の数は88835個でした(笑)

もちろん、全部必要ではないので、
必要なものを選別しながら、
3D化していきます。

とりあえず、パート毎にレイヤー分けしてみました。

これから、徐々に立体化していきます。


iPhone 4S

iPhone 4S

昨年の暮れに、ようやく【iPhone 4S】を手に入れたので、
さっそく、3DCGを作ってみました。

下側の写り込みはPhotoshopで加工しました。

アップルのサイトにiPhoneやiPad等のケースを作る業者のための
図面集があったので、そちらから図面をダウンロードし、
テンプレートにしました。

[Designing cases for iPod,iPhone, and iPad]

モデリングは【Rhinoceros Mac Beta5】で行いました。

テンプレートは編集可能なPDFでしたので、一旦、イラストレーターで
開き、イラストレーター形式(.ai)で保存して、Rhinocerosに読み込みました。
図面は2次元なので、3Dにしやすいように配置し直しました。

モデリング自体は、それほど難しく有りませんでしたが、
後に、Shadeで表面材質を設定しやすいようにオブジェクトの
分割を考えました。

レンダリング「Technical」

出来上がったモデルを「3D studio」(.3ds)タイプ、
「Polygon Mesh Options」で「Density」を最大で
書き出しました。

3dsファイルをShadeに読み込み、表面材質を設定します。

背面のロゴ等(鏡面)は本体をスキャンしてイラストレーターで
トレースした後、Shadeに読み込み、立体化しました。
そして、鏡面の材質設定をした後、「=」でステッカーマッピング
しました。

レシーバーやマイクの金網は「Shade Explorer」に入っている
「パンチメタル」のような材質を適用しました。

ディスプレイはiPhoneで「Home Switch」+電源ボタンを押して、
画面キャプチャを取り、Z方向からマッピングしました。

ボディの金属の部分は、光沢のない金属を「メタリック」で表現しました。

光源は円を作って、ポリゴンメッシュ(粗い)に変換した後、
下半分を削除し、線形状に変換した物を面光源に設定しました。
さらに、線形状をすべて「光源パート」に入れて、全体の光量の調整をしました。
各線形状(面光源)の光量もレンダリングをしてみて、適正な値に調整しました。

仕上げに、背面に布のような形の反射する物体を配置して完了です。

最後のおまけに昔の「iMac」のような色のiPhoneを作ってみました。

レンダリングして気付いたんだが、右側の3つは反転コピーしたため、
カメラの位置とディスプレイが左右逆になってる(笑)


Rhino → Shade

Rhinocerosで作成したガンポッドのデータを「Shade」に
持って行ってみました。

エクスポートしたファイル形式は
・3ds(3dsmax形式)
・obj(Wavefront obj形式)
・lwo(Lightwave形式)
です。

メッシュの密度は「80%」くらいでエクスポートしました。

「.3ds」形式をインポートしました。
スケールは1:1で、XYZ軸も同じです。
オブジェクトも個々に独立しています。
何故か、「マスターサーフェース」が24個も出来ていました。
中身は全部同じ。

レンダリング画像です。
個々のオブジェクトは限界角度30°でスムーズがかかっており、
サブディビジョンサーフェースは「角の丸め」なしが適用されています。

次に「.lwo」形式をインポートしました。
スケールは1/100(0.001を入力)で、XYZ軸は同じです。
オブジェクトは一つにまとめられてしまいました。

レンダリング画像です。
個々のオブジェクトは限界角度30°でスムーズがかかっており、
サブディビジョンサーフェースは「角の丸め」なしが適用されています。
Rhinocerosで適用したオブジェクトの色は適用されていないようです。

次に「.obj」形式をインポートしました。
スケールは1/100(0.001を入力)で、YとZ軸を交換しました。
オブジェクトは個々に独立しています。

レンダリング画像です。
個々のオブジェクトは限界角度30°でスムーズがかかっており、
サブディビジョンサーフェースは「角の丸め」なしが適用されています。

不正なレンダリング画像になってしまいました。

原因を調べなければなりませんが、とりあえず、
「.3ds」と「.lwo」は使えるので、良しとします(笑)

Rhinocerosはモデリングは強力なのですが、レンダリングや
アニメーション関係はさっぱりなので、ShadeやBlenderと
組み合わせれば、いろいろな事が出来ると思います。


検索
カレンダー
2017年6月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近のコメント