Strato001 – データ取り込み

ようやく、MacOSをYOSEMITEにバージョンアップし、
「Rhino for Mac」を使えるようになりました。
MacOS10.6ではつかえなかったもので。

バージョンも「Evaluation」に代わり、
Mac版もWindowsと同様の正規版に
進化しつつあるのかな。

仕事で使っている「Rhino for Windows」も
バージョン5にアップデートしたので、
練習も兼ねて、色々やりたいと思います。

とりあえず、手始めに昔々に作った
「Fender Stratocaster」の3Dグラフィックスを
リニューアルしたいと思います。

Strato000

これを作ったのは’97頃で、Shadeで製作しています。
ただの「Fender Stratocaster」ではなく、
「Yngwie Malmsteen Model」です。
ネックにはスキャロップ加工が施されてます。

今回はこのモデルを元にRhinoでリニューアルしたいと思います。
とりあえず、スキャロップは付けません。
あとで、付けるけど(笑)

【Shade】で作成したものを【Rhinoceros】で
リニューアルする意味は

⚫️モデリングに関してはRhinoの方が緻密に出来る
⚫️Shadeはブーリアン系が弱いのでRhinoの方がスッキリしたデータを作れる。
⚫️Shadeはデータ形式が独自なので、他にデータを渡す時にポリゴンに変換しなければならない。
⚫️Rhinoは出力形式が豊富なので、今後、3Dプリンターにデータを渡す時など便利である。

自分が使用しているShadeはVer.12です。
最近は進化してるのかな?

ただし、最終出力のレンダリングはShadeの方が
強力なので、Shadeにデータを渡してレンダリングと
いうことになります。

Strato001

まず、元のShadeデータで
「ファイル」-「エクスポート」-「Adobe Illustrator」を
選択し、出力形式で「上面図」「側面図」「正面図」を
それぞれ、別々に保存します。

Strato002

そして、そのファイルをRhinoにインポートし、
適正な位置に回転したり、移動したりしながら、
テンプレートにします。

呼び込んだ時点で曲線の数は88835個でした(笑)

もちろん、全部必要ではないので、
必要なものを選別しながら、
3D化していきます。

とりあえず、パート毎にレイヤー分けしてみました。

これから、徐々に立体化していきます。


焚き口

今回から「運転室」を作って行きます。

c62_044_03

「運転室」は写真のように結構、ゴチャゴチャいろんな物が
付随しています。

どこまで忠実に製作するかなんですが、何となく、
ゴチャゴチャ感が出せるくらいまでは行きたいと思います。

c62_044_01

今回は「焚き口」を製作しました。

「焚き口」は火室に石炭を入れる部分です。

c62_044_02

左右の扉は開くようになっています。
扉の開閉は上方にある「空気シリンダ」か
「手動てこ」で開閉させます。

次回は「蒸気分配箱」「水面計」を作ります。


泥溜め・吹出し弁・揺りシリンダ

今回は「火室下部」「泥溜め」「吹出し弁」「揺りシリンダ」
を作成しました。

c62_043_01

赤く見える「火室下部」は、石炭を燃やし、燃えかすや灰を
下に落とす「動力火格子装置」が収められている部分です。

「火室下部」に取り付けられている「泥溜め」は、火室下方から
固形不純物を含んだ泥水を取り出して、泥と水とにふるい分けて
排出します。

何本かパイプが出ていますが、これは他の部分が出来ましたら、
パイプを通します。

c62_043_02

今回は赤丸の「ヴァルブ・ハンドル」の作り方の説明をします。

c62_043_03

図のように「掃引」する外形の形状と断面形状を作成して、
外形形状を「記憶」し、断面形状で「掃引」します。

しかし、外形形状と断面形状の交わる部分において、
外形形状にアンカーポイントが無いと・・・

c62_043_04

このようにヘンテコな形状になってしまいます。

c62_043_05

これを回避するために、外形形状が断面形状と交差する部分に
アンカーポイントを追加します。

c62_043_06

追加したアンカーポイントが「始点」になっていないと、
また、意図しない形状になりますので、追加した
アンカーポイントを選択した状態で、
「スクリプト」-「選択した点を始点に.py」を実行します。

c62_043_07

そして、外形形状を「記憶」し、断面形状で「掃引」すると、
「ヴァルブ・ハンドル」の形状が出来上がりました。

c62_043_08

「吹出し弁」は火室部底に溜まった汚れや水垢を、
外に排出する装置です。

c62_043_09

「揺りシリンダ」は灰を灰箱に落とす装置です。

次回からは「運転室」を作り始めます。


検索
カレンダー
2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近のコメント