第29話【本物と同じようにやりたいんだけど】

練習は順調に進んでいたのですが、
ある曲のアレンジで意見の食い違いが・・・
Led ZeppelinのWhole Lotta Loveという曲を
The Song Remains The Sameと
いうアルバムのライブバージョンでやろう
ということになったのですが、実はこの曲は
14:30もある構成になっていたのです。

このままの構成でやりたい自分と
あまりに長いので、聞いてる方も
飽きると思うから、短く構成し直して
やりたい、ギターのH田君とドラムのS口君で
意見が分かれてしまって、自分は
やる気満々でコピーも進めていたのですが・・・

コピーをしていて、音は取れても覚えるのが
大変ということに気が付いて。
そもそもZeppelin本人たちはほとんどが
その日の気分で自由に演奏していたので
曲の構成を覚えるのだけでも大変でした。

結局、印象的な部分だけを残すような感じで、
短くアレンジされた曲にしてやることになりました。
まあ、今でも機会があればフルバージョンで
やってみたいのですが、今ではさらに構成を
覚えるのが大変か(記憶力的な意味で)

学校祭は8.29~9.1の4日間に渡って行われました。
もう、記憶があやふやなので卒業アルバムで
確かめてみると、
〇組別の行燈行進・応援合戦
〇演劇
〇合唱
〇喫茶店
〇文化系クラブの研究成果発表
等が行われていました。

そして、自分たちのバンドは軽音楽部の発表と
いう形で3日目8/31日の最後に行われます。
調べてみるとその日は日曜日だったので、
他校の生徒も見に来てくれていました。

1日、2日目は行燈行進や応援合戦なんかをやりながら
青春真っただ中という感じで楽しんでおりました。
3日目は武道場(柔道分や弓道部が練習する場所)で
フォークソング部の人達がライブやってるのを
見たりして楽しんでました。

※あとで、このフォークソング部の人達が使っていた
 PAシステムで助かることになります。

お昼を過ぎて、そろそろコンサートの準備を
しようかとバンドのみんなが控室に集まってきました。

すると、ギターのH田君が神妙な顔をして部屋に
入ってきて、「コンサートが出来ない」と言いました。

どういう事・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする