Archive for the ‘lyrics’ Category

New Single “Spider Lily”

I released new single “Spider Lily”.

The flower which gives off heterogeneous, strong charm called Spider Lily (cluster amaryllis, Lycoris radiata).
And it has two-facedness.
I expressed sympathy and the love to this flower which strongly survived in severe environment.

TuneCoreJapan Kizakura Yoshino “Spider Lily”

◆lyrics translation◆
Spider Lily(Heavenly Flower)

Heavenly Flower to go towards the sky to tell a summer end, and to dye the ground, and to bloom.

It blooms at the time when the spirit of a dead person that the equinoctial week and this life intersect drifts.

四華 曼陀羅華 摩訶曼陀羅華
曼珠沙華 摩訶曼珠沙華
(※I’m sorry, I cannot translate this part into English.)
Red and a white infinite numerical petal dance a dance.

Spider Lily Rouge sawed by a blue sky wavers.
Cluster Amaryllis The petal shines like a goddess.
Spider Lily They catch my heart and do not separate it.
Cluster Amaryllis Mystery flowers set a net of the fascination.

The end of the festival of the frenzy.
Mysterious flowers that will not bear fruit
and they burn short life.

They invite you to death at the same time to save the life of people.

Hell flower, the flower of the dead, poisonous flower
The flower does not watch a leaf, and the leaf does not watch a flower.
“Manjushage”
Numerous contradicting names echo.

Spider Lily They save alkaloids to a scaly bulb.
Cluster Amaryllis They ‘re like a woman upset like confuse the people .
Spider Lily They catch my heart and do not separate it.
Cluster Amaryllis devilish flowers set a net of the fascination.

Spider Lily It is sometimes detested and is left alone.
Cluster Amaryllis It is totally like my life, and the affection increases.
Spider Lily Please lead me to the gates of hell.
Cluster Amaryllis You are the isolated flower which strongly lives while it is oppressed.

※The word “Manjushage” 曼珠沙華 is taken from a line in the Buddhist Lotus sutra, refering to a red flower in Sanskrit prononciation.

NPB的マクロスFライオンの替え歌

なにげに今出来たので忘れないうちにUPです。

『ライオン』の替え歌で
『今期の埼玉西武ライオンズ』

白星を増やせ 球界のまんなかで
灼熱の西武ドーム 虫や鳥乱舞
田邊監督 采配がデタラメ
恥ずかしいエラー数
最多でライオンズは弱い

生き残りたい
生き残りたい
Aクラスクライマックス
そんな事言っても絶望的暗いMAX

生き残りたい
しかしこれでは
若手も枯れてゆく
本気の野球見せつけるまで
ファンは許さない

マクロスファンの方々ごめんなさい(^▽^;)

鬱金桜を見てきました。

2016-04-19 11.01.58

昨日は、あの黄桜酒造の社長さんが好んで見ていてメーカー名になったという黄色い桜「鬱金桜」を見てきました。
もう終わりの頃だったけど、かろうじて咲いている所が見られて良かったです。
これを見て、なるほど!と思いましたよ〜
黄色からピンク色にと変化していくこの花、まるでお酒に酔って顔を赤くしてるみたいじゃああーりませんか!
酒造メーカー名にはピッタシなんですね!
いやほんと、なんて可愛らしい花なんでしょうか!

んで反省点ですが、来年は第一形態から満開になってピンクに染まるまでをちゃんと見に行きたい!そして望遠レンズを持って行こう!
この前の御衣黄よりも花の位置が高くて上手く撮れなかった〜(;_;)

またまた歌詞の練習的に、ちょっくら詠んでみました。

 鬱金櫻よ 君は何故
 黄色い姿を ピンクに染める
 恥じらい それともほろ酔いか
 酔うて儚く 散りゆくか

う〜〜ん「姿」なんかは他の素敵な言葉に変えたいなあ。

2016-04-19 11.07.21

2016-04-19 11.04.00

黄色い桜「ギョイコウ」を見てきました。

2016-04-15 11.06.56

黄色い桜というと「鬱金桜 (ウコンザクラ)」というのがあり、黄桜酒造の社長さんが好んで見ていたというのもコレだそうです。
また「御衣黄 (ギョイコウ)」というのもあり、これまた黄色と言って良いと思うのですが、うっすらと緑がかった花弁の桜です。
この御衣黄の方を、近場で見て来ました。
ソメイヨシノよりも少し複雑で、八重桜ほどではないけど幾重にか重なる花弁が、とっっても素敵で可愛かったです!
んで、ちょっくら詞を作ってみたのでUPします。
これで1曲出来るかは、まだ不明です(笑)
『Spider Lily』の歌詞作りの時みたいに、鬱金桜や御衣黄についても、いろいろ調べ倒してちゃんとした曲を作ってみたいと思いました。
タイトルもまだナシです^^; ↓↓↓

 ソメイヨシノが乱れ散り
 愛すべき退屈なる
 日常へと人々帰し
 その役割を終えた時
 ひっそりと咲く櫻がある

 萌葱にまぎれ さりげなく
 淡くやさしく気高く咲くよ
 通り過ぎる人々よそに
 薄黄緑の花弁ゆらす

 さくら さくら 黄色い櫻
 あなたの方から見つけに来てねと
 可憐あえかに咲く花よ

Profile


吉乃黄櫻 Kizakura Yoshino
Songwriter & Guitarist

昔CARMILLAというレディバンと、PRETTY FISHMONGERという男女混合バンドでギターと作曲をやってました。CARMILLAでイカ天に出演して完奏なんて事もありました。
その後はアン・ルイスやジャニス・ジョップリンのコピバンなどで地元で活動。

ギターリフからの曲作り、パワーメタル・スラッシュ系などをやってきましたが、現在は、昭和歌謡曲の良さをしみじみと思い出し、メロディーを大切にした曲を作っていきたいと思っています。
LogicXを使用し、ハードロックからアニソン系までジャンルを問わずにいろいろやってみようと思っています。

Search