Archive for the ‘favorite’ Category

バンドメンバーのLIVE行ってきました〜

70年代ハードロックコピー中心に時々活動しているバンドmatarazinの、そしてHEARTのコピーの時は「はあと♡」のリズムギター担当の中野Jr.氏。
うちのバンドではマルコムヤングると言っていて、ほぼリズムギターに徹してますが、ソロ弾かせればリードの私より100倍上手いっす!(笑)
ほんと贅沢なバッキングで弾かせてもらっていて有難いですっっ!

その中野Jr.は他にもいくつかバンドをやっていて、YMOのコピーをやると言うので観に行ってきました。
H2YNOというバンドです。
学芸大学駅のAPIA40というお店。

皆さん仮面を付けての登場!ですが1人だけ仮面が違う〜(≧▽≦)

中学の頃、音楽通のお友達にいろいろ教えてもらっていて、YMOも流行る前から、アメリカでTUBESの前座で話題になっている頃から知ってました。
矢野顕子とかRCサクセションとか吉田美奈子とか佐藤奈々子とか彼女に教えてもらって、RCは最初に聴いたのが「ステップ」です。
そんな彼女は中学生でテクノカットでしたよ〜今どうしてるかな?

LIVEは全部知ってる曲だったし、完コピめちゃ上手!!
YMOは斬新な事やっててもメロディーが良いんですよね。
新しい凄い事やってても、基本曲が良くないとね。

凄いギターソロ弾きだしたので、慌てて途中から動画とったやつです。『千のナイフ』

『中国女』

APIA40、とても良いライブハウスで、テーブルのある一番前のド真ん中に座ってしまったんですが(^▽^;) お昼のLIVEだったので食事メニューを見ると、とってもリーズナブル。
580円ぐらいからありました。
若鶏のカルボナーラ、750円だったかな? 美味しかったです(=^^=)

Ace Frehley at Billboard Live TOKYO

I went to LIVE of the most influential guitarist Ace Freely.

It was my first visit to Billboard Tokyo and besides I was alone.
It was a place of high-class feeling, and I felt uneasy.

I ordered a cocktail called “Humming Bird” and pasta of Linguine Aglico, Olio e Peperoncino with Bacon & Young Sweet Corn.
It was rather delicious.

The seat behind the center and the seat at the front end were empty, so I chose the front seat.

Ace was 4,5 meters ahead of me. It was inspiring!

It was awesome to do a lot of KISS’s songs.
But, I wanted to listen Ace ‘s guitar solo with a little bigger sound.
Because there were three guitars, I wanted the backing sound to be small.
Ace’s guitar did not burn, but smoke came out.😁

Ace Frehley at Billboard Live TOKYO

私が最も影響を受けたギタリストであるエース・フレーリーのLIVE行ってきました〜〜!
5日水曜日の第一部。

ビルボード東京初めてで、しかもお一人様(;・∀・)
なんだか高級な感じで落ち着かない〜〜
自由席の34番でとってまして、この赤いやつを持って並んで入りました。

席に着くとオーダーを聞かれるし、必然的に何か頼まなければいけないんだなあ、っつーのは事前チェック済み。
どれもお高いんですよねぇ。(´ε`;)ウーン…
入る前に食事するにも早すぎるし、終わってからではお腹すきすぎる時間帯で、オツマミ頼んでもしょうがないんで、パスタにしました。
んで、キウイのカクテル、ハミングバードってやつを頼んでみました。
パスタは「農家ベーコンとヤングコーンのペペロンチーノ リングイネ」
わりと美味しかった(=^^=)

空いている席は、真ん中の後ろの方とはしっこの前の方。
近くで見たいので、はしっこの前にしました。

めちゃ近っ!
エースが私から4、5メートル先にいるんですっっ!!
でもピックを弾きながら気前よくバシバシ飛ばしてまして、真ん中の方ばかりに飛ぶんで、私の所には1つも飛んできませんでした( / ω;`)
でもエースじゃないギターの人と握手しましたよ〜〜〜〜

KISSの曲いっぱーいやってくれて、ノリノリでした♪\(>▽<)/♪
ショック・ミー、コールド・ジン、ロケットライドは当然としても、ラブガンとかデトロイトロックシティーもやりました!!
ラストがデュースでした!!
バンドメンバーはKISS愛に溢れた方たちで、例えば間に入る短いシャウトみたいのも完コピでしたね。
そして、ソレだよソレ!!っつーあのギターソロ!!!!!! 嬉しいったらなかったです!!
ただ、ギターソロ、もうちょっとデカい音で聴きたかった〜〜場所的な問題もあったのかなあ。端だったし。ギター3人でバッキング2人ですから、もうちょいバッキングの音小さくしてくれ〜〜と思いながら見てました。
そうそう、ギター燃えはしなかったけど、煙は出ましたよ〜〜

場所的にはちゃんとしたワンピやドレスなんかが合いそうな所でしたが、地獄のロックファイヤーTシャツで行ってきました。(笑)
って言っても、みんなそんな感じ〜〜
自撮りがヘタすぎて写真無しね(汗汗)

KISS – Take Me

空耳アワーの時間です!
KISSのアルバム何買えば良いの? て人には間違いなく『ALIVE!』を薦めます!

スタジオ盤だとやはり『地獄のロックファイヤー』と『地獄の軍団』!LOVE GUNも良いですけどね。

 

そのロックファイヤーに入っている『Take Me』て曲。
サビが仮面ライダーのショッカーぽいなあと前から思っているのですが(笑)、俺のポケットに手を突っ込んでロケットをつかんでごらんよ!っつー実にKISSぽい素敵な歌詞(≧▽≦)
この曲の2番Aメロかな? なんと「ムラカミタロウの屁」と歌ってるとの情報が!
早速聴いてみたら、久々の腹いて〜涙出る〜〜の大爆笑でしたギャハハ(*≧д)ノシ彡☆

Crazy on “Crazy On You”

訳あってHeartの曲をコピーしてるのですが、鬼難しい!そして勉強になって楽しい〜〜!
ハートってやはりウィルソン姉妹って思っていて、ロジャー・フィッシャーって実は名前も知らんかったんです(^▽^;)
しかしコピーしてみて初めてわかる凄さ!1曲コピーすんの大変〜〜
変拍子・テンションコード系、めちゃ凝っていて、ハーモニクス使い、アーム使い、開放弦の使い方も上手い!
久々に源田たまらん! じゃなかった、弾きたくてたまらん状態に陥っています。
例えばこのCrazy On You

ナンシーのクラシックなイントロも抜群に好きだし、その後のロジャー・フィッシャーの変態ギター面白すぎる!
まぢ夢中です(笑)

そんな訳で、10月1日、ハートのコピバンでライブやります!!
バンド名「はあと♡」です!
こちらに告知していますが、刈り掘る庭ジャム
渋谷GUILTYです。

“刈り掘る庭 JAM70”
10月1日(日) 渋谷GUILTY
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-17-6 プロスペクトB1F
TEL 03-3770-1130

Open 14:00
Start 14:30~ GLove ( Grobe )
    15:30~ はあと♡ ( HEART )
    16:30~ Zush ( Rush )
    17:30~ 前座アンドローゼズ ( Guns’n’Roses )
    18:30~ ユダの司祭( JudasPriest )
    19:30~ Majestic Sky ( JOURNEY )

私はロジャー・フィッシャーのパートが多いと思いますが、ルックスは出来るだけナンシーをコピーします。ダイエットが間に合わない〜〜
ハートまぢ良いバンドです!ベストな選曲でやると思いますっっ!!絶対見に来てくださいね。はあと♡

カルメン・マキさんを観てきたのだ。

ホールでもなく、ライブハウスでもなく、ランチもやってるお食事もお酒も美味しい地元の音楽喫茶で、まさかまさかのカルメン・マキさんを観てきました!!
ここまで近くで拝見しちゃうと「さん」付けにしないといけないような気がします!
いやもう、まぢかよまぢかよ、と。夢じゃないかと思いました。

「桜井芳樹トリオ」というバンドのゲストでカルメン・マキさんが出演しました。
休憩を挟んで後半からの出演で、このトリオバンドも特にベースがとんでもなく凄すぎると思いました。
自分的にはドアーズとかゴブリンぽい雰囲気もあるような曲で好みでした。

そしてカルメン・マキさんの登場。
目ぢから、存在感の物凄さから、第一声からもう圧倒的に他と違う、力強く魂に響く声。
そしてルックスもまだ美しい。

寺山修司の詩の朗読もあり、毎日波の音をカセットテープに録音する少女の話、とても印象的でした。
「詩の朗読」というものを実は良く知らなかったのかも、とも思った、想像を超えた素晴らしいものでした。バックの効果音的演奏が、これまた良い効果を出していました。

「時には母のない子のように」などの私が知っている昔の曲をやられなかったのは、やはり残念ではありましたが (最近のはやられたのたもしれませんが、誰々の曲、とおっしゃっていたのが多かった気がします。スミマセン、最近のまだ聴いてません^^; )そんな事言ったら罰が当たるぐらいの幸せな特別な時間を過ごさせていただきました。
ほんっっとにジャニスみたいでした。魂にずんずん響く感じ。こんな凄い歌声を生で身近に聴けたのは初めてと言って良いかも。
感謝でいっぱいです。

2016-09-08-19-09-22

2016-09-10-08-01-47

2016-09-10-08-01-55

カルメン・マキ

※その後、Facebookでの事細かに客の感想の質を求められる発言や、過去のTwitterでの某バンドのカバー曲をめぐってのトラブルなど知り、LIVEが素晴らしかっただけに残念すぎました。せっかく非常に稀有な才能をお持ちで現在も衰えなく活動されているのに。

ロックの名盤特集 パンク・ムーブメントその1 セックス・ピストルズ

以前黄櫻御殿の方にUPしたやつのコピペ投稿第2弾です。
ちなみにセックス・ピストルズから派生したバンドについては次回、と書いておきながら未だ書いてなかったΣ( ̄Д ̄;)
↓↓↓

ロックの黄金期と言える素晴らしい時代の最後、センセーショナルにロンドンから登場したのがSEX PISTOLS 。
(ロンドン・パンクの前にはニューヨーク・パンク が、ありました。)

短髪を立て、服のあちこちに安全ピンを刺した過激なファッション、Vo.のジョニー・ロットンの、女王陛下をバカにしたりの前代未聞な過激な発言で、実に実にスキャンダラスにセンセーションを巻き起こしました。
実はこのバンド、マルコム・マクラーレンがブティック「SEX」に集まる若者を集めて作成された作られたバンドで、ジョニー・ロットンの言動も、おそらくマルコム・マクラーレンが仕組んでいたのではないかと思われます。

後からメンバーになったヘロイン中毒のシド・ヴィシャスは、ベースもろくに弾けず、ルックスだけで選ばれ、その凄まじい生涯で今でもカリスマ的存在になっています。

そんなこんなで、ほんっっとにアッという間にブームも去っていきましたが、しかしタダのファッションだけで終わったバンドとは違うと私は思うのですね。
音楽がイカしているからこそ、今でも語り継がれているのだし、これだけのブームになったのだと思います。
特にスティーヴ・ジョーンズのドライブ感抜群のギターは大好きです!!
「アナーキー・イン・ザ・UK」「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」だけではないです。名盤です!!

 

そして是非紹介しようと思ったのが、大好きな映画『The Great Rock’n’Roll Swindle』
シド・ヴィシャスの「マイ・ウェイ」も出てきます。

良記事ハケーン! すんません、勝手に拝借します。
セックス・ピストルズと言う名の爆弾
セックス・ピストルズから派生したバンドなどについては、次回書きたいと思います。

息子の部屋に親父が怒鳴り込むPV

Twitterのフォロワーさんが実に楽しいロックスターのタロットカードをUPされてまして、「力」のカードのディー・スナイダーの強烈な顔の話から、この手のPVへと話が発展!
1984年の名作爆笑PV、Twisted Sisterの『We’re Not Gonna Take It』です!

ほんとコレ最高好きです!(≧▽≦)
そしてこのPV、結構パロディーがあるんですね。
なんとマイケル・ジャクソンも!
ホームアローンのマコーレ・カルキンが出演しているあたり、流石金使ってるな的な(笑)

教えてもらったジャック・ブラックのコレ最高ですっっ(≧▽≦)
ロニー・ジェイムス・ディオ本人が出演しちゃってる所が凄すぎるっっ!

これはそのパターンとはちと違うんですが、同じような種類の親子ネタと言うことで。
KISSの『I Love It Loud』トゥイステッドシスターより2年ぐらい前のPVなんですね。
この手のPVって、あの頃いくつかあったと思います。

このKISSのPV、映画『光る眼』↓↓↓ ではあーりませんか!
このあたりの映画は大好きで、私に語らせるとうるさいですよ〜(笑)

他に親父怒鳴り込み系のPV、ご存知だったら教えてください(´▽`)ノ

『光る眼』カーペンターのリメイクVer.は出てるんだけど、オリジナルは中古しかないみたい?

 

ロックの名盤特集 KISS、QUEEN、AEROSMITH

私、絶対的な影響を受けたのは間違いなくKISSなんです!
ギターはもろエース・フレーリーですっっ!!
私のロックの入口であり、今の私があるのはKISSが居たからに他なりませんっっっ!!!!!!
随分前に黄櫻御殿の方に書いた記事を、いくつかこちらにコピペしようかと思います。
第一弾です。↓↓↓

その昔、KISS、QUEEN、AEROSMITH 全盛期とゆー実に実に実に良い時代がありました!!
この三大ロックバンドの何を聴けば良いかを、お教えしましょう!!
絶対コレ!!ってやつです。間違いナシです。

まずKISS、KISSの良さはこの1枚にぜ〜〜んぶつまってますっっ!!
熱いぜ! このエネルギー!!うおおおぉぉぉ!

スタジオ盤だと、この辺かなー。

 

余裕があれば、ラヴガンも是非聴いておきましょう!

QUEEN はこの三部作。ベストとか聴いてちゃクイーンの良さはわかりましぇんっ! (な事もないけど(笑))
ロックであり芸術である3作品!!
ボヘミアンラプソディーはロックを超えた名曲と言う事は、誰もが認めている事でありましょう!

  

血が騒ぐ鳥肌もののエアロスミスは絶対コレとコレ!! うおおおおぉぉぉぉ!!

 

 

PRINCE『1999』

もう何度聴いたか分からないっつーアルバムが何枚かあります。
そのうちの1つが、この1999。
私にとってプリンスと言えば、パープルレインよりこっちなんです。
特にアルバムタイトル曲の1999とLittle Red Corvette!

プリンスに関しては1999より前の『戦慄の貴公子』から知ってます。
キモくて変な頃(笑)

兄が早くから目をつけててアルバムがうちにありました。
それから1999が出てMTVで散々見たり。
シーラEとか、プリンスファミリーの女性達がまたカッコ良くてキレイな人ばかり!
世界で最も過小評価されているギタリストにも選ばれている、ギタリストとしてもほんっっと素晴らしい、もうほんっっとに貴重な稀有な天才です。
今年はいったいどうなっているのでしょうか? (´;ω;`)
R.I.P. PRINCE

Profile


吉乃黄櫻 Kizakura Yoshino
Songwriter & Guitarist

昔CARMILLAというレディバンと、PRETTY FISHMONGERという男女混合バンドでギターと作曲をやってました。CARMILLAでイカ天に出演して完奏なんて事もありました。
その後はアン・ルイスやジャニス・ジョップリンのコピバンなどで地元で活動。

ギターリフからの曲作り、パワーメタル・スラッシュ系などをやってきましたが、現在は、昭和歌謡曲の良さをしみじみと思い出し、メロディーを大切にした曲を作っていきたいと思っています。
LogicXを使用し、ハードロックからアニソン系までジャンルを問わずにいろいろやってみようと思っています。

Search